おすかわ諸行無常日記

人生まじで諸行無常

家事をしたら休まるわ

今日は7時半頃に起き、読書をした。


それから洗濯、掃除、靴磨きをした。


諸行無常の理が支配するこの世の中には、エントロピーは増大するという法則があるそうで、それは端的に言うと、物事は必ず乱れる、ということだ。


私のようなぼんくらの日常生活は労働と睡眠という無味乾燥な日々の連続であるが、たとえ味気のない日常であっても、部屋は確実に乱れていく。


なので洗濯や掃除を定期的に行い、その乱れを直していかなければならない。


私は決して潔癖症ではないが、汚れていたものが綺麗になったり、乱れていたものが整っていくと、ある種の気持ちよさを感じる。


その快楽のおかげで、楽勝で家事を行うことができている。


今日はアパートからは一歩も出ずに、家事や筋トレや読書やネットサーフィンをして過ごした。


部屋も整い、自分自身もゆっくり休むことができた。


明日はぶらっと京都の街を散策しよう。