おすかわ平凡日常記

平凡な日常を大事にしていきたい

お金をかき集めても人からは大事にされない

私は自分の資産額を毎月チェックしている。 特に難しいことはやっておらず、預金残高と投資信託の評価額を確認し、表に簡単にまとめているだけだ。 とてもありがたいことに私の資産額は着実に増加していっている。 つまり私は過去の自分と比較すると毎月これ…

最近買い物の満足度が高い理由

最近買ったものを列挙してみる。 セーター ロンT 靴下 ジョギング用の手袋 ジョギング用のネックウォーマー 部屋着用のズボン プロテイン うがい薬 リップクリーム 古いものを捨てた上で買ったもの、使い切ったので追加で買ったもの、持っていなかったので買…

苦しみの原因は人を見下して生きていることにある

私たちは日々苦しんでいるのだけれど、その苦しみの大きな原因は人を見下すことにある。優越感を求めて生きることにある。 私たちは何かにつけて人を見下そうとしている。 お金、財産、地位、権力、名声、栄誉、実績、知能、才能、美貌、健康などを手に入れ…

【愛用品】ヘインズのロンTを購入した【BEEFY-T】

先日、ヘインズのロンTを買ったのだけれど、とても重宝している。 購入したのはBeefyTのロンT。白と黒を購入した。 厚手でヘタりにくいのが特徴だ。 肌触りも良く、値段も手頃だ。 私はこれまでロンTなるものを持っておらず、強いていえばヒートテックくらい…

ミスはミスだけど、ダメではない。

先日、私は仕事で少し大きなミスをした。 そのミスのせいで、数十人の顧客に迷惑をかけてしまい、その後始末に今も追われている。 そのミスは完全に私の注意不足に起因するもので、言い訳するつもりもないし、反省している。 ミスはミスで仕方がないので今後…

風邪と無常

先日、風邪を引いた。急性扁桃炎だった。 私は健康的な日々を送っているつもりで、ここ数年間は二日酔い以外の体調不良は見に覚えがなく、「私は健康な人間だ」と思い込んでいた。 仏教ではこの「私は健康な人間だ」という自分を美化するセルフイメージを我…

久々の風邪

久しぶりに風邪を引いてしまった。 扁桃腺を腫らしたのは何年ぶりだろうか。 中学か高校ぶりだと思う。 ある時ふと喉に違和感を感じ、それから一夜にして喉が痛くなった。 頭は痛いし、体はだるい。 だけど熱は特になく、食欲もある。 とりあえずドラッグス…

イラッとしたことを反省する

昨日の仕事中、私は係長に「台車そこに置くんじゃなくてもっと近くにもってくれば良いのに」と言われて少しイラッとしてしまった。そんな馬鹿にするような言い方しなくてもええじゃないかええじゃないかと江戸っ子風にイラッとしてしまった。 ここで通常では…

使っていないものを捨てて残った10年以上の愛用品

仏教では、ものを大事するということはものを使わずにとっておくことではなく、ものをきちんと使ってあげることを指す。 一事が万事で、ものの扱いは自分や他人の扱いと繋がっており、ものを粗末に扱うと自分や他人を粗末に扱ってしまうし、ものを大事にでき…

大事にするための食生活

私は優越感のためではなく、自分にとって大事なものを大事にする日々を送りたいと思っているのだけれど(実際にできているのかどうかは置いておくぜ!)、私にとって大事なものの一つに自分の体というものがある。 私たちは体を大事にしなければいけないとわ…

【愛用品】財布を新調した【ホワイトハウスコックス】

先日財布を新調した。 購入したのはホワイトハウスコックスのミニ財布。 私はこれまで登山用財布として購入したミレーのミニ財布を普段遣いしていて、これはこれでものすごく使いやすくて気に入っていたのだけれど、これから30代、40代、50代、60代と長く愛…

『悪魔の傾聴』という本を読んだ

仏教では、大事なものや大事な人を大事にすることに幸福はあると説く。 「人の話をちゃんと聞く」という能力は、相手を大事にするために必要な能力だと思ったため、先日『悪魔の傾聴』という本を読んで、傾聴について勉強してみた。 学んだことの一部を忘れ…

自分を雑に扱っていないか

仏教は自分を大事にする教えだ。 自分を大事にするということは自分に価値を置くということを意味する。 では、自分で自分を大事にしているかどうかを判断するにはどうすればいいのか? 自分で自分に価値を置いているかどうかを判断するにはどうすればいいの…

大事にする日々

私たちは「自分はこんなに価値のある人間なんだ」ということを強化・証明・確認するために生きている。 私はこんなに有能な人間なんだ 私はこんなにきれいな人間なんだ 私はこんなに金持ちな人間なんだ 私はこんなに正しい人間なんだ 私はこんなに偉い人間な…

【愛用品】ランニングシューズを新調した

先日、ランニングシューズを新調した。 今まで履いていたのは買ってから2年が経ち、もう買い替えてもいい頃合いだった。 買ったのはアシックスのエボライド2というモデル。 少し調べたところによると、最新モデルはエボライド3だそうだ。 私が買ったのはエ…

平凡なことの効力

私たちは優越感を求めて何か特別なことをやろうとする。 何か難しい資格を取ろうとしたり 高級なものを手に入れようとしたり 特別な才能を手に入れようとしたり 特別なことを通じて自信をつけ、そして他人の上に立ち、他人を見下し、自分を認めてもらおうと…

【愛用品】菜箸と雪平鍋を新調した

菜箸と雪平鍋がボロボロになってきたので、先日新調した。 これまで使っていた菜箸は100均のもので、鍋はその辺の量販店で購入したものだったのだけれど、どちらも日本製の少し良いものに買い替えた。 私は基本的に毎日自炊をしており、毎日必ず味噌汁を作る…

『AI vs.教科書が読めない子どもたち』を読んで思ったこと

先日、知人の紹介で新井紀子さんの『AI vs.教科書が読めない子どもたち』という本を読んだ。 同書にはAIの限界と人間にしかできないことが書かれてある。 海外で採点にAIが活用されているという小論文には正解はありません。どのように採点しているかと言え…

それは本当の原因なのか、と立ち止まってやること2選

先日、エリヤフ・ゴールドラットさんの『ザ・チョイス』という本を読んだ(写真は撮り忘れた)。 本書から学んだことは、以下のとおり、主に2点。 ① 不都合な現実に直面した時、他人のせいにするのではなく、その現実から今後に活かせる因果関係を導き出す…

【愛用品】フライパンを新調した【双葉工業】

先日フライパンを新調した。 これまでは量販店で購入したテフロン加工のものを使っていたのだけれど、3年以上も使ってくると、油を多めに使わなければ素材がくっつくようになってきたので、買い換えることにした。 購入したのは双葉工業株式会社のフライパ…

【愛用品】大事にするために最近買ったもの

今月はこれまで使っていたものを手放し、入れ替えることが多かった。 入れ替えに伴い、新調したものは以下のとおり。 眼鏡(金子眼鏡) 1本 私服用のベルト(KARNBYZER) 1本 仕事用のベルト(TARAVAT) 1本 ボクサーパンツ(グンゼ) 9枚 どれも使用頻…

優越感のための努力ではなく

私たちは人に認められたいという強い欲求がある。 そして、人に認められるために「私は価値のある人間なんだ」ということを示すことに心血を注いでいる。「私は価値のある人間なんだ」ということを示すために、何らかの形で優越感を手に入れようとしている。…

【タバラット】スーツ用のベルトを新調した【愛用品】

先日、スーツ用のベルトを購入した。 これまで使っていたものは中国製の人口皮革のもので、それはそれで何の不満もなく普通に使っていたのだけれど、諸行無常の理による経年劣化によって、穴の部分の裂け目がひどくなってきたので、さすがに買い換えることに…

愛用している勉強道具3選

私は毎日30分~1時間ほど勉強をしているのだけれど、今日は私が愛用している勉強道具を紹介していこうと思う。 1.クリップボード×コピー用紙 これは100均で購入したもので、これにコピー用紙を挟んで使っている。 私の今の勉強は簿記の問題を解くことがほ…

一人で楽しめる人間だと思っていた

私はこれまで自分は一人で時間を楽しく過ごせる人間であると思っていた。 作家中島らもの言葉に「教養というのは学歴などではなく、一人の時間を一人で潰せる能力のことだ」みたいものがあって、一人の時間を充実させる能力が大切だと思い、私は段違いな勘違…

他人を見下すための人生だった

私たちは常日頃から「価値」を求めて奔走している。 「価値」というのは世間の多くの人が価値があると認めるもののことだ。 例えば、金、財、権力、名声、美貌、運動神経、知識、知能、経験、肉体、才能、健康などなど・・・。 つまり、私たちはこれらの価値…

30代独身男の健康習慣

私は決して健康オタクではないが、20代の頃よりは健康に気を使うようになった。 以下、私の現在の健康習慣を思いつく限りあげていく。 ・早寝早起き ・1日2食 ・玄米と味噌汁が主食 ・納豆を毎日食べる ・1日20〜30分ほど運動をする(筋トレ・ジョギング…

一緒に過ごしてくれる人ってありがたいわ

東京に転勤してきて人との会話が極端に少なくなっていた。 京都にいたときは気軽に話のできる上司や同僚がいて、定期的に飲みに行っていて、それが当たり前になっていたのだけれど、東京に来てそういう機会が極端に少なくなってしまった。 そのような中で、…

余裕に慣れていないと余裕を持てない

私たちは誰もが余裕を持って暮らしたいどすと京風に思っているのだけれど、余裕を持つことはなかなか難しい。 それはなぜかと言うと、私たちは余裕ができると、余裕に慣れていないために不安になり、その余裕を積極的になくそうとするからであーる。 下駄箱…

「ああじゃないといけない、こうじゃないといけない」という自分勝手な基準

私たちが苦しむ大きな原因は自分で「ああじゃないといけない、こうじゃないといけない」という基準を作り、その基準を満たさない人を徹底的に責めることから生じる。 例えば「働いている人は価値があり、働いていない人は価値がない」という基準を勝手に作る…